本文へスキップ

TEL.
03-6215-8322

〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1
銀座風月堂ビル5F


【売上予測ソフト】


パッケージソフト ユーザー数 68社
食品スーパー、ホームセンター、ドラッグ、スーパー、紳士服、スポーツ用品店
靴専門店、ガソリンスタンド、ハンバーガー、ラーメン、焼肉

 











ハイブリッドチラシとは、POSデータ解析による特売品選定のクーポンチラシ。
 野菜と日配が最も他部門の併買額が高いので、クーポンチラシの中心として
全部門がグループ化された紙面構成。














2017.10.22 ハフモデルを4層にしたのが「NARUMI モデル」だ!!

月刊『需要創造』 2010年3月号 …「NARUMI SC」の売上予測精度






 売上予測の精度が90~95%である基因
 商勢圏の設定=半径11㎞(事例)である基因
精度の高い売上予測計算は、任意に商圏を設定してはいけない。
 
商圏は自動計算させるのが鉄則。
吸引率も事前に設定するのではなく、自動計算させるのが鉄則。
 計画店面積+商業統計SMデータ(弊社で加工)の合計値を超える売場面積メッシュまでの範囲を商勢圏(複数商圏)として設定する。


 その結果、周辺のメッシュ行政人口が、計画店売場面積よりも大きい売場面積に吸引されて、計画店の商圏は自動計算して縮小される。


 メッシュ吸引率(%)とは?
吸引率(%)は開発担当者が売上予測をする場合の想定商圏。
・・・これが間違っているから精度が低くなる。

 メッシュ吸引率人口(人)とは?
 =吸引率(%)×メッシュ行政人口(人)
実際に開店した場合のエリアの来店者数予測=チラシエリア
・・・精度90~95%で一致する。










  売上予測受託会社は、すべての物件を5㎞で売上予測をするのが常ですが、自動計算した場合と比べ常に結果値が低くなります。
5㎞〜11km間の吸引率人口が計算に含まれないからです。
 商圏が5㎞以内だから計算範囲も5㎞で良いことにはなりません。
 出店地の人口が多く、競合店が少ない好立地の優良物件を見送る結果を招く危険性があります。
 上記事例物件は出店地の人口が多く、競合店が少ない好立地です。
某受託会社の結果値は弊社の結果値よりも
15.4%低かったのです。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







【POSデータ解析ソフト】





















 集客力増大特売品=クーポンチラシのご提案
POSデータ解析ソフト使用料は印刷費内で賄います

















Topics   ネットセミナー(鳴海康博)
2017.10.22 ハフモデルを4層にしたのが「NARUMI モデル」だ!!
2017.4.10
 チラシでの集客が弱いのは、人事考課制度に基因
2017.3.28 チラシは「チラシ商圏」に配布すれば、売上がアップします
2017.2.20 チラシのデザインを頻繁に変更しても集客効果はない!!
                   
集客の基本は他にある!!
2017.1.28  食品スーパー単独の出店適正地は極めて少ないが、
     
 スーパーセンター(SM+HC)の出店適正地はふんだんにある!!
2016.12.11 チラシは、毎週来店しない50%の流動客を対象とせよ!!
2016.11. 7 小型食品SMは西友対抗策として店舗改装した
2016.10.19
 西友のウイークポイント&ストロングポイント

2016.10.19  小型食品SMの西友対抗策





バナースペース

株式会社 エフ・エム・アイ

〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1
     銀座風月堂ビル5F

 TEL 03-6215-8322
 FAX 03-6215-8700
E-mail:narumi@narumi-sc.co.jp