本文へスキップ

TEL.
03-6215-8322

〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1
銀座風月堂ビル5F


 収益マネジメントの3本柱












【売上予測】


パッケージソフト ユーザー数 68社
食品スーパー、ホームセンター、ドラッグ、スーパー、紳士服、スポーツ用品店
靴専門店、ガソリンスタンド、ハンバーガー、ラーメン、焼肉






 売上予測の計算は
メッシュ行政人口、SM&飲食料品小売業の売場面積(商業統計データ&東洋経済新報社:全国大型小売店総覧データ)、カーナビ道路網の距離計算を使用して算出。
計画道路も描画計算して売上予測できます
ネットセミナー:2017.10.22 ハフモデルを4層にしたのが「NARUMI SC モデル」だ!!

@計画店が隣接競合店に勝った場合負けた場合の売上予測を算出できます





A計画店による既存同僚店の売上減少率減少金額が分かります



B計画店と競合店の商圏が自動計算されて、地図上複数表示できます



















【クロスMD+購入サイクルを店頭チラシに活用】
   チラシ費用=B3/4色印刷費3円/枚+折込費4円/枚=計7円/枚
 新聞購読者数が減少傾向にある現在、開店2ヶ月以上の店舗は来店客が固定化されているので、来店客に店頭チラシで十分に特売品情報が提供できる。
〈店頭チラシを勧める理由〉
 @週一回の来店者数が50%を占める&今週来店した顧客数の50%は来週来店しない食品スーパーが大方。
 A新聞購読者数が減少するに従い、チラシ配布エリアも減少していく。
 B新聞を購読していない顧客の来店割合が増えていく。
店頭チラシは新聞購読者数が減少してもその影響は受けないで済む。
店頭チラシは翌週にも来店して頂く為に、特売商品はクロスMDから選択して魅力ある=欲しいチラシ特売品構成にする。
店頭チラシは特売品の「購入サイクル・カレンダー」に該当した期間にする。
店頭チラシは7日間掲載した方が、来店計画が立て易い。
店頭チラシはチラシコストが78.6%削減でき、21.4%になる。
 週2回→1回=印刷費3円/枚÷(印刷費&折込費7円/枚×2回)=21.4%
 欲しい特売品(クロスMD)欲しい時(購入サイクル・カレンダ‐)=家庭在庫が切れた時にチラシ掲載された特売品の集客力は高く、買上点数/人=客単価がアップすることは間違いない。





食品スーパー・バイヤーの特売品決定の労働時間50%削減!
集客力を高め・客単価をUPさせる・特売品選定方法



 
クロス表=一般野菜の購入客を100として、まぐろ・鶏肉・ばら惣菜をそれぞれ29.4%・31.8%・32%の客数が併せて購入する。購入金額は一般野菜100に対し、それぞれ88.4%・67.2%・64.6%の金額が一般野菜の購入金額にONしてプラスになる。
 印刷会社
(食品スーパー販促部の仕事の肩代わり)はクロス表の一般野菜・まぐろ・鶏肉・ばら惣菜のカテゴリー明細を、食品スーパーバイヤーに提案する⇒バイヤーは提案されたカテゴリーから選定してチラシ掲載の単品&価格を決定して印刷会社に送信。
 印刷会社は食品スーパーバイヤーの決定した商品を、一般野菜を中心にまぐろ・鶏肉・ばら惣菜を隣接デザインする。
 
欲しい特売品が欲しい価格でグループ化されて、顧客のニーズに合致する


 
チラシ掲載された特売品の購入サイクル
次回以降にチラシ掲載する場合の掲載間隔(カレンダー)



 欲しい特売品が欲しい価格でチラシ掲載された以降、次回・次々回以降のチラシにおいて、
購入特売品がまだ残っていた場合は、購入のニーズに合致しない!!
 購入サイクルカレンダをもとに、次回以降のチラシ掲載時期を計画して、購入時期のニーズに合致させる。精度の高い購入サイクルのアルゴリズムは(株)FMIのオリジナルです。


 






Topics   ネットセミナー(鳴海康博)
2017.10.22 ハフモデルを4層にしたのが「NARUMI SC モデル」だ!!
2017.4.10
 チラシでの集客が弱いのは、人事考課制度に基因
2017.3.28 チラシは「チラシ商圏」に配布すれば、売上がアップします
2017.2.20 チラシのデザインを頻繁に変更しても集客効果はない!!
                   
集客の基本は他にある!!
2017.1.28  食品スーパー単独の出店適正地は極めて少ないが、
     
 スーパーセンター(SM+HC)の出店適正地はふんだんにある!!
2016.12.11 チラシは、毎週来店しない50%の流動客を対象とせよ!!
2016.11. 7 小型食品SMは西友対抗策として店舗改装した
2016.10.19
 西友のウイークポイント&ストロングポイント

2016.10.19  小型食品SMの西友対抗策





バナースペース

株式会社 エフ・エム・アイ

〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1
     銀座風月堂ビル5F

 TEL 03-6215-8322
 FAX 03-6215-8700
E-mail:narumi@narumi-sc.co.jp