本文へスキップ

TEL.
03-6215-8322

〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1
銀座風月堂ビル5F


 収益マネジメントの3本柱






【売上予測】【出店適正地】


パッケージソフト ユーザー数 68社
食品スーパー、ホームセンター、ドラッグ、スーパー、紳士服、スポーツ用品店
靴専門店、ガソリンスタンド、ハンバーガー、ラーメン、焼肉

売上予測で現地調査をしなくても、で90〜95%の予測結果が
えられます。
商圏には
開発者想定商圏チラシ商圏の2つがあります。
計画店の売上予測が、開店後の売上と一致しない場合の基因がここです。
チラシ商圏もオープ前に正確に分かります。
出店適正地現地調査をせずに、精度90〜95%で明確に分かります。
出店適正地チラシ商圏のシミュレーションで算出します。
出店適正地は広範囲にわたって明確に分かります。

個人(会社)データを全く使用せずに、客観データ(商業統計・国勢調査・
カーナビ道路網データ)に、現在時点の競合店データを付加してシミュレーション
します。
だから、開発担当者の恣意的要素が全く入りません。




開発者想定商圏=吸引率(1次商圏、2次商圏、3次商圏、4次商圏)
チラシ商圏
=吸引率人口=吸引率×メッシュ人口
出店適正地
チラシ商圏のシミュレーションで算出します
【現地調査はオプションになります】







【チラシ】

 
顧客の50%はチラシに関係なく週1回来店、顧客の50%は次週来店しない。
次週来店しない50%の顧客対象にチラシを企画するのが肝。
10%来店率アップで売上5%UP、20%で売上10%UPする。


チラシ専門印刷会社コンサルタントのコンボ









【チラシ特売品は、売上をアップさせる特売品とダウンさせる
特売品の2種類あります】

POS解析データでそれが分かります。
 POS解析データなしの「ポイントカード」点数増の販促は経費増を招くだけです。競合店も同戦術をやっております。

 ポイント点数増戦術では来店客数が増えても、買上点数は増えません!!
 「ポイントカードの顧客」と買上商品を連結すれば、買上点数アップの特売品と買上点数が全く増えない特売品が分かります。
 買上点数がアップしない特売品は、幾ら人気があっても特売品にしてはいけません。店舗全体の売上が伸びません。
 「ポイントカードの顧客」と買上商品を連結すれば、全商品(カテゴリー・単品)の次回購入日(=購入サイクル)が分かります。
 一般食品・菓子・雑貨などは購入サイクルに合わせて特売品化することによって、競合店の同商品販促の影響を削減することが可能になります。
 
特売品の選定・決定は自社・自店商品のPOS解析データで実施・決定すべきであって、競合店の動向に影響されてはいけません。競合店と売れる商品が異なるからです・・・競合店との顧客ニーズが異なるからです。
 チラシ販促は最小コストで最大の効果を発揮できる戦略です。
 巷の食品スーパーは、チラシ販促を戦術レベルで実施していますので、貴社は戦略レベルにチラシ販促をバージョンアップしてください。必ず効果が現れます。










Topics   ネットセミナー(鳴海康博)
2016.10.19  小型食品SMの西友対抗策
2016.10.19 西友のウイークポイント&ストロングポイント
2016.11. 7 小型食品SMは西友対抗策として店舗改装した

2016.12.11 チラシは、毎週来店しない50%の流動客を対象とせよ!!
2017.1.28
 食品スーパー単独の出店適正地は極めて少ないが、

     
 スーパーセンター(SM+HC)の出店適正地はふんだんにある!!
2017.2.20 チラシのデザインを頻繁に変更しても集客効果はない!!
                   
集客の基本は他にある!!

2017.3.28 チラシは「チラシ商圏」に配布すれば、売上がアップします
2017.4.10  チラシでの集客が弱いのは、人事考課制度に基因




バナースペース

株式会社 エフ・エム・アイ

〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1
     銀座風月堂ビル5F

 TEL 03-6215-8322
 FAX 03-6215-8700
E-mail:narumi@narumi-sc.co.jp